FC2ブログ

名古屋バナナ加工 営業ブログ        「フルーツ応援団」

フルーツや野菜の最新情報を提供します!

こだわり☆アボカド

旧暦で3月は弥生と呼ばれていました。

ものの本によると、、、

弥は「ますます」とか「いよいよ」という意味があり、生は文字どおり生い茂るということで、

弥生とは「草木がいよいよ生い茂る」ということに由来しているというのです。



というわけで、私たちが取り扱っている商品も3月に入ると一気にピークとまりますが

その代表格が、フロリダ州産グレープフルーツとカリフォルニア州産オレンジです。

しかし今回はそんな中でもこの時期がピークだとあまり知られていない商材を紹介させていただきます。

それはメキシコ産アボカドです。

                 こだわりアボカド


アボカドは最近では年間商材としていつでもスーパーなどで目にするポピュラーなものになりました。

しかしこれにも「旬」があり、2月~5月くらいに輸入されるものは

アボカドに含まれる油分が特に多いと言われコクのある旨味の強い状態になっています。

但しアボカドというのはバナナと同じで熟成しないと食すことはできません。

アボカドは温度が20度前後にならないと熟成されません。

まだ気温が20度前後にもいかないこの時期に外皮が緑色で固いものは買わないほうがベストです。

弊社では5年前からメキシコ産地において樹上で熟成されたものを仕入れし

社内に到着したら再度熟度チェックし販売させていただいているアボカドがあります。

一般的なアボカドは実がなって2~3ケ月で収穫して日本に輸出されますが、

この樹上熟成アボカドは約8ケ月近く木に成らしっぱなしにしてから収穫されるため

しっかり養分を吸って旨みコクのあるアボカドになります。

黒ラベルに「こだわり」とシールが貼ってあります。

サラダにもよし、チラシ寿司ネタにもよし、

私の至福の食べ方はパンにバター代わりにアボカドをぬって焼いて食べる!!

たまらないです!

一度お試しください。

3月末には同じメキシコから樹上熟成されたアップルマンゴーが入荷予定です。

こちらもまた楽しみです♪

By アボカド担当者
 


スポンサーサイト

PageTop

イスラエルのバナナ?!


ケータイで撮影した画像を整理していたら、こんなものが出てきた。

イスラエルバナナ

2週間くらい前、昼食時に読んでいた新聞の画像である。

確か、イスラエルのバナナ園で働く、農民の記事だったと思う。

当社ではイスラエルのバナナは取扱っていない。

日本に輸入されていないのではないだろうか・・・

と、気になり調べたところ・・・

ありましたよ!

情報が!!

http://www.monsanto.co.jp/global/asia/israel.shtml#a01

いずれ日本に入って来るかもしれませんね。

 

PageTop